バードウォッチングパラダイス ひがし北海道 釧路

探鳥エリア
メニュー

探鳥エリアについて

2つの国立公園と1つの道立公園を有する釧路エリアは、海あり、
森あり、湿原ありと自然に恵まれています。
この環境は、豊かで変化に富んでいることから日本有数の
野生動物の生息地となっているのです。
四季折々それぞれ異なった魅力をもつフィールドで、野鳥たちとの
素敵な出会いをお楽しみください。

A釧路湿原国立公園エリア

釧路川とその支流を抱く釧路湿原は、国内最大の湿地面積を誇ります。
この地域の自然保護は、1935年8月「釧路丹頂鶴繁殖地」として国の天然記念物に指定されたことに始まります。1952年3月には面積が増え、「釧路のタンチョウ及びその繁殖地」と改名され特別天然記念物に指定。その6年後、「釧路湿原」と名付けられました。1980年6月に日本で最初のラムサール条約登録湿地となり、1987年7月には日本で28番目の国立公園として釧路湿原国立公園が誕生するのです。
開拓が進む前の北海道らしい景観を残す湿原内は、タンチョウをはじめ多くの野生生物の貴重な生息地となっています。

釧路湿原国立公園エリアの詳しくはこちら

B阿寒国立公園エリア

釧路阿寒国立公園は、1934年12月に指定された北海道で最も歴史のある国立公園のひとつです。針広混交林の原生林のほか、一般は高山でしか見られないイソツツジなど、多様な植物が生育しています。世界一の透明度を記録した摩周湖、美しい球体が特別天然記念物に指定されているマリモで有名な阿寒湖、日本最大のカルデラ屈斜路湖など、湖の性質もさまざま。それらを見渡す美幌峠や藻琴山からは、晴れた日に知床連山を眺めることもできます。
また、川湯は硫黄山を源とする良質の温泉として、阿寒湖は結氷した湖面の上に咲く霜の花、フロストフラワーが見られる場所としても名高いです。

阿寒国立公園エリアの詳しくはこちら

C白糠・音別エリア

北海道で最初に石炭が採掘され石炭産業で栄えた白糠町は、手つかずの森が生い茂り多様な野生生物が生息します。
音別町は、2005年10月11日阿寒町と共に釧路市と合併した町。緑豊かな山野では昆虫採集、音別川やチャンベツ川では水遊びなど、自然いっぱいのアウトドアが楽しめます。
白糠町と音別町にまたがる「馬主来(パシクル)沼」は、満水になると自然に太平洋に流れ出る非常に珍しい沼。国道38号沿いに面し、冬はワカサギ釣りが人気です。また、太平洋が一望できる「恋問(コイトイ)海岸」は、名前のとおりロマンチックな観光スポットとしても知られています。

白糠・音別エリアの詳しくはこちら

D厚岸・浜中エリア

「厚岸道立自然公園」を有する厚岸・浜中エリアは、海岸線沿いにそれぞれ別寒辺牛湿原・霧多布湿原が広がっています。1993年6月には「厚岸湖・別寒辺牛湿原」・「霧多布湿原」としてラムサール条約の登録湿地となり、さまざまな環境保全対策が行われています。
別寒辺牛湿原は、ヨシやスゲが群生する低層湿原の代表ですが、1989年に新しく高層湿原を確認。タンチョウも営巣するなど学術的にも高く評価されています。
霧多布湿原は、春から秋にかけて色とりどりの花が湿原を咲き誇る「花の湿原」です。

厚岸・浜中エリアの詳しくはこちら

E釧路市街地エリア

春採湖周辺は、釧路駅から車で15分のところに位置する海跡湖です。春採川を通じて太平洋の水が流れ込む汽水湖でもあるため、海水魚も生息します。市街地の中心にありながら150種類近くの野鳥を見ることができる環境は、国内でもそれほど多くありません。日本唯一の石炭列車が走るほか、アイヌの砦跡「チャランケチャシ」や、約3800万年前に堆積した「天寧層」など、歴史を感じさせるスポットも見どころです。
釧路市動物園は、人間らしい姿が話題のホッキョクグマ「ミルク」が人気急上昇中の動物園。広い園内には、釧路湿原を利用した北海道ゾーンがあり、シマフクロウやヒグマなど北海道ならではの動物が目白押しです。

釧路市街地エリアの詳しくはこちら