バードウォッチングパラダイス ひがし北海道 釧路

釧路で見られる野鳥
メニュー

釧路で見られる野鳥

水平線まで続く太平洋、堂々とそびえる阿寒連山、コバルトブルーの屈斜路湖…
釧路エリアの自然は、語り尽くせぬ魅力にあふれています。
そこには自然に守られ、自然を守っているたくさんの野生生物。
特別天然記念物のタンチョウや絶滅が危惧されているシマフクロウなど、
世界的にも希少な野鳥たちが生息しています。

森林

森林の野鳥

釧路の森林にはトドマツやエゾマツが主体の、学術的にも高く評価されている名高い森が多くあります。元気な鳴き声で配色が美しいキビタキや、大きな冠羽が特徴的のヤマセミなどさまざまな種類の野鳥が生息しています。人間の手がほとんど加えられていない原生林が多く残るからこそ、たくさんの鳥たちで賑わう森。ありのままの自然で暮らすいきいきした表情が楽しめます。

草原

草原の野鳥

釧路にある湿地全体の面積の大半が、湿気の多い草原です。約8割がヨシやスゲで、釧路の象徴であるタンチョウはもちろん、美しいさえずりを聞かせてくれるノビタキなど、この環境は生息する約170種類もの鳥類にとって楽園となっています。霧多布湿原は四季折々の花も楽しめ、美しい景観とともにバードウオッチングが楽しめるでしょう。

海岸・海洋

海岸・海洋の野鳥

サンマや昆布漁などが有名な釧路の海は、日本でトップクラスの水揚げ量を誇ります。これらの恵まれた自然の産物は、海鳥たちにも最適な環境です。短い冠羽が特徴のカンムリカイツブリや、飛翔時の羽音が鈴の音を思わせるススガモなど、その種類はさまざま。国内繁殖地が北海道のみのエトピリカやケイマフリも生息し、道外からも定評を得ています。

湖沼・河川

湖沼・河川の野鳥

釧路は阿寒湖や摩周湖など、観光地として名高い美しい湖に恵まれた街です。屈斜路湖は冬になるとたくさんのオオハクチョウが越冬し、多くの人を魅了。オナガガモやヒドリガモなどカモ類だけでも約20種類見られます。市街地には春採湖もあり、日本ではここでしか繁殖していないホシハジロが生息すると評判です。釧路は、さまざまな種類の野鳥が観察できる湖に富んでいます。

市街地

市街地の野鳥

市街地でも緑豊かな公園を多く有する釧路地方は、手軽に野鳥観察が楽しめます。天然記念物ヒブナが生息することで知られる「春採公園」、260haの広大な面積を有しながら釧路町役場から車で約5分の「釧路町森林公園」、浜中町霧多布の住宅街の隠れた名所「奥琵琶瀬野鳥観察公園」など…。気ままな散策から本格的なバードウォッチングまで、自分にあったスタイルで自然に親しめるエリアが満載です。

高山

高山の野鳥

釧路周辺は標高の低い山が多いのが特徴です。一方で、硫黄山の噴気や堆積した火山灰による影響から、低山でも高山に見られる植物や生物に会えるという独特な自然環境を有しています。阿寒一帯では、地質の生成が比較的新しいため植物の種類が豊富で、高等植物だけでも約800種も観察できるといわれています。また、それぞれの山には登山道が整備されているため、その地の魅力を感じながら自然を堪能できるでしょう。